« 夢小説製造決定! | トップページ | お知らせ »

喜びを失った花 ~人間とバンパイア~

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「おばあちゃん!

またあの話きかせてよ!」

一人の幼い少女が老婆にいった

「ん? またあの話を聞きたいかい?」

「うん!」

「しかたないねー

またはなしてあげよう」

そうして老婆は、少女に語り始めた

バンパイア・・・

それは、人の生き血をすする獣(けだもの)

人間の皮をかぶっているが

本心は、生き血をすするしか能のない化け物

そんな風に

人間から嫌われていたバンパイア・・・

しかし

バンパイアは、そんな血をすするしか能のない化け物では、なかった

人間の勘違いで、悪魔のように嫌われていた・・・

しかし

バンパイアの中でもそれは、同じだった

バンパイアたちは、人間のことが、きらいだった・・・

自分たちが、話しかけようとすると

まるで

お化けを見たかのように

悲鳴をあげにげていった

自分の気持ちを伝えたいだけなのに

ただ・・・

それだけなのに

バンパイアたちは、人間から嫌われていた

|

« 夢小説製造決定! | トップページ | お知らせ »

☆何も見えない星☆」カテゴリの記事

コメント

おぉ~!続きが楽しみです!!

投稿: | 2008年10月28日 (火) 17時34分

バンパイヤの捉え方が面白いですね。
人間界でも似たようなもので人相や格好で判断されて嫌われますよ。

投稿: よもくれ | 2008年12月26日 (金) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1031302/24652721

この記事へのトラックバック一覧です: 喜びを失った花 ~人間とバンパイア~:

« 夢小説製造決定! | トップページ | お知らせ »